あなたは年金で生活出来ますか?

あなたは年金で生活出来ますか?

 

今の時代、
年金だけが頼りの老後生活ではとても不安な時代となりました。

 

これは何も
日本やドイツだけに限った事ではありません。

 

世界中の先進国に共通の問題です。

 

多くの人達は、
自分の老後は自分で支えなくてはならない大変な時代になったのです。

 

今までのやり方では無理…

という事に気が付き対応策を実行したた人が
老後のゆとりを手に入れる事が出来るのです。

 

このビジネスをしていて
本当に良かった…と思います。

 

年金生活をしている友達は、
年金の支給額が減ったそうです。

 

年金は物価の変動によって
その支給額が変動します。

 

年金の支給額は、
消費者物価の上下や現役世代の賃金の増減に伴って、
上がったり下がったりします。

 

総務省の発表では、
2010年の消費者物価指数は、前年比マイナス0.7%です。

 

そして、年金の減額は、
マイナス0.4%に留まっています。

 

これは、国民年金法付則により、
2006年度に年金額を引き下げた際に
基準とされた2005年の指数と、2010年の指数を比べる事になっている為です。

 

その指数の差をみると0.4ですが、
引き下げ幅はこの数値に準じています。

 

減額は、
高齢者の生活を脅かす事にもなるので、
据え置きも検討されましたが、
据え置けば給付額が膨らみ、
国費の負担も増える事になります。

 

据え置くための特例法も必要なので
結局は見送られました。

 

サラリーマンの賃金の減少も
見送りの要因になっているようです。

 

物価の変動に伴って年金支給額も変動する
これって、怖いですね。

 

充分な年金をもらっているなら
少しぐらいの変動は何でもないのでしょうが、

年金でぎりぎりの生活をせざるを得ない場合は
「大した事はない」等と言ってられないかもしれません。

 

年金生活で
ぎりぎりの生活を余儀なくされる程の支給額なら
その差も多くはないとは思いますが。。。

 

「年金だけに頼らないですむ生活」を
するにこした事はない…と言う事が言えるのではないでしょうか。

 

私は、老後に
心身ともに「ゆとりある生活」をしたいと思っています。

 

経済的に安心して、
元気で楽しい余生を送りたいと思います。

 

そのビジネスとは⇒◆「ネットワークビジネスで海外への道」 より 無料資料をお届けします。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。